ロマサガ2・皇帝生活26日目

体重測定

こんにちは、お付きの人です。

みなさん食っちゃ寝ごろごろのお正月をお過ごしでしょうか。ここアバロン城の倉庫の中には体重計が設置されています。シオンさんの体重は、、0!?ヽ(´o`; シオンさんはあまり身体が丈夫ではないのでしっかり体重増やして欲しいところですがおやつをあげると体に悪いし、、むずかしい。。

よく暴れよく絡みよく占領してお腹を空かせてご飯いっぱい食べて健康的に体重増やしましょうかね!

というところで本日の遠征スタートです!(*”ー”)ゞ

倭国へ!

ユウヤンの港

というわけでやって来ました「ヤウダ地方」の港町「ユウヤン」

以前も一度立ち寄った場所ですね。前回来たときはこの街とチカパ山にしか行けなかったので、もっと町の人達から情報を集めてこの地方を探索したいところです。

ユウヤンの町民

町の人達から話を聞いていると、早速幾つかの地名を聞くことが出来ました。

★この国は「チョントウ城」に居る王様が収めている。

★「リャンシャン」という町は「ハクロ城」に近くて大変らしい。

うーん。。

最終的には王様を倒、、王様を説得して協力を得られれば解決なんでしょうけど、もう少し情報を集めるためにもう一つの町「リャンシャン」を目指してみることにします。

最高の武人セキシュウサイ!

リャンシャンの町

という事でやって来ましたリャンシャンの町。ここも町並みは和風な感じで素敵な雰囲気ですね。

さて、ユウヤンで聞いた話では「ハクロ城に近くて大変らしい」とのこと。ハクロ城って何が大変なんでしょう。

リャンシャンの町人

ワグナス!(’□’

ワグナスは七英雄の一人です。どうやらワグナスはこの地方を拠点にして居るようです。そしてこの国を手に入れるために戦争をしている様子。この町はそのワグナスの拠点から近いため大変、ということのようです。

リャンシャンの町民

また、この町にはこの国一の武人が居るようですよ。

むむむ、、それはやっか、、いや頼もしいね!お近づきになっておかなくては!

最高の武人セキシュウサイ

(*”ー”)ノやぁ!

この人が最高の武人と言われるセキシュウサイさん。この町をワグナスの攻撃から守っているようです。なかなかいい人らしく、急な訪問にも丁寧に対応してくれました。

最高の武人の力があっても相手は七英雄。ハクロ城からの攻撃には手を焼き、なんとか防ぐので精一杯なんだとか。

お困りですか!?お困りですね!?シオンさんの出番ですね!?(*”▽”)

いやー、困ってる人は放っておけない性分なんです。

早速王様に協力を申し出にお城へ向かいましょう(*´艸`*)

バカ殿か、、、見破られたのか、、、!?

チョントウ城

たのもー!(*`へ´*)n

いそいそやって来ましたチョントウ城。

チョントウ城

これはなんとも、、、立派な城ですね。

チョントウ城内部

ほー・・・。

チョントウ城内部

ふーん。。。

チョントウ城内部

なるほどなー。

、、、よしっ!(*´﹃`*)

 

王様〜!シオンさんが遊びに来たよ〜!

ヤウダの王様

ドキッ☆(’m’

いいいいいやシオンさんはべつに、

困ってる人達をほうっておけないというかヽ(´o`;

王様「私は騙されんぞ!帰れ帰れ!」

ひゃ〜!ごめんなさい〜ヽ(´o`; 

ヤウダの王様

王様(どやぁ)

ざわざわ、、ざわざわ。。

部下A「あそこまで言われて帝国が黙ってるでしょうか」

部下B「我が国に攻め寄せてくるかも・・」

ヤウダの王様

王様「えっ!」

部下A「ハクロ城のワグナスと戦ってる今、帝国と戦うのは得策ではありません!」

ヤウダの王様

王様「いや待てよ、、ワグナスを唆して帝国と戦わせて共倒れにさせるんだ!ふはははは!早速使者を出せ!」

王様とセキシュウサイ

何とか説得しようと意見するセキシュウサイさん。しかしセキシュウサイさんは先王に大恩の有る身。逆らうことも出来ません。兵の先頭に立ち、シオンさんの首を取ってくるのが務めと命じられてしまいます。

セキシュウサイの覚悟

部下たちの心は離れ帝国に降るものも多くいそうです。

全てをわかった上で背中を押すセキシュウサイさん。

セキシュウサイの覚悟

 

一方シオンさんは・・・。 

リャンシャンの町

あーもー!くやしい!(*`へ´*)

あの王様、バカ殿装ってなかなか鋭いじゃないか!やるな!

こうなったら最高の武人様を説得して味方につけましょう(*´艸`*)

セキシュウサイ

そんな!(’o’ 

セキシュウサイ

ぐぬぬぬぬ、大抵の猫バカはシオンさんの可愛さにイチコロなのに。

セキシュウサイ

説得虚しく、セキシュウサイさんとは戦場で逢わなくてはならなくなりました。アト王様め!

決戦!チョントウ城!

結局戦いになってしまったものの、帝国軍を動かしてしまうと大事になってしまいます。なんとかもう一度説得できないものかとチョントウ城を覗いてみると、、、!

占拠されたチョントウ城

モンスター!?(’□’ 

これはまさか、、、既にワグナスの軍勢が城を?それとも本当にワグナス軍と手を組んでシオンさん達に対抗しようとしているんでしょうか。

チョントウ城内部

一体どうしてこんなことに、、、

チョントウ城内部

シオンさんは平和を望んでるだけなのに(*´﹃`*)

なんとかアト王とセキシュウサイさんを説得するため天守閣を目指して突き進みます。偶然箱も開けたような気もしますが問題ではありません。

ワグナスの部下

むむ!ワグナスの部下かな?(*`へ´*) 

さてはコイツが王様を唆して、、、!

部下の人「アト王の考えなどお見通し!その裏をかいてこの城を奪ってやるのだ!ψ(`∇´)ψ」 

何だと!この城はシオンさんが奪ってやるのだ!ψ(`∇´)ψ 

 

あっ(’m’

 

部下の人

☆彡

部下の人

王様をたぶらかすワルモノはシオンさんが成敗しました!(*”ー”)ゞ

これでこの城に来ていたワグナス軍は倒せたはず。

残すはこの先に居る。。。

アト王とセキシュウサイ

(*”ー”)・・・。

答えはわかっているけれど、、最後の説得を試みます。

セキシュウサイさん!剣を置いてください!

セキシュウサイ戦

セキシュウサイ「かの名高き皇帝が相手とは」

シオンさんはソードバリアを使った。

セキシュウサイ「この一戦、我が生涯の誉れ!」

シオンさんはリバイヴァーを使った。

セキシュウサイさん、、その覚悟に応えましょう。。( -_-)

正々堂々!正面から!

必殺!非物理攻撃!

エイヤ!(*”▽”)

セキシュウサイ戦

最高の武人に剣で挑んだら大変なことになるでしょうが!(’□’

こんなことになってしまったのも、、あいつの、、!

セキシュウサイ最後の頼み

うぐぐ、、むむむ、、ヽ(´o`;

アト王降伏

ううう。。。

こいつは、、許、、ゆる、、、

 

 

 

ワグナスめ!

ワグナスめ!シオンさんを敵に回したことを後悔させてやるのです!

こうして七英雄ワグナスとの対決を心に決めたシオンさん。七英雄との戦いはなるべく避けてきていたけど、世界統一も間近になった今、避けて通れそうもありませんね。

 

と言ったところで、本日の詩はここまで!



ロマンシング サガ2
ロマンシング サガ2

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です