ロマサガ2・皇帝生活3日目

ロマサガ2・階段登れない

こんにちは、宮廷飼育係の人です。

vita版のロマンシングサガ2をプレイ中。随分きれいになったとは言え中身は古いゲーム。今時の(?)アナログスティックでグリグリ操作しても上下左右4方向にしか動かなかったりブロック単位で移動するので、小さいドアや細い通路に上手く位置を合わせられなくて行ったり来たり。。

敵と接触しようにも動いてる相手をうまく捉えられなくてお互いにグルグルバターになりそうに回転していたり。イラッとしてダッシュボタン押しちゃって陣形乱れてあたふたしたり。

ああもうっ!たのしいなっ!(*´﹃`*)

そんな不自由も楽しい皇帝生活。ということで、本日の遠征スタートです(*”ー”)ゞ

動く時が来た!

さて、前回アバロン周辺の問題を解決し、国内の混乱も落ち着いた今日このごろ。そろそろ統一に向けて動き出さなければいけませんね。今後帝国をどういう風に発見させていくべきか。周辺国とのどう向き合うべきか。

情報分析

まずはしっかり情報を集めて分析していかないといけませんね。

国内外の情報は管理してくれる部下が居るので色々と報告をしてもらえます。皇帝であるプレイヤーはその情報をもとに次の行動を決めていくのが良さそうです。

書紀さん

最初の報告以外にも普段から情報は聞くことが出来るようです。色んな情報をまとめておいてくれる人、、そうですね「書記さん」と呼ぶことにしましょうか。書記さんが教えてくれたアバロン周辺の情報は。。

★南バレンヌ地方にかつて帝国が築いた運河があるのだけど、現在何者かが要塞を築き、運河の通行権を支配しているらしい。

★南方のルドン地方に貴重な宝石を産する鉱山がありました。

★アバロンの街に夜な夜な泥棒が出没しているらしい。 

世界地図

ちなみに世界地図がこちら(*`へ´*)r

地名を言われてもまだピンときませんね。アバロンは北西の小さな半島にあります。なんて小さな国なんでしょう。ここから世界を統一していかなくてはいけません。

運河は交易の要所となる場所、そこを押さえられると困りますね。なんとか取り戻さないと。でも要塞まで築かれるとそう簡単には奪還できそうもないですね。どうしたものか。

更に南にあるという鉱山も気になるところ。国の財政が豊かになりそうです。

泥棒問題

アバロンの街に泥棒が出来るというのも見過ごせませんね。王様のお膝元で盗みを働くとは!とっ捕まえて分前貰わなくては!(*´艸`*) そういえば、、街に狙われそうなお金持ちがいましたね。。。

情報収集がてら街を散策してきましょう。

街の様子を見に行くジェラール

金ピカ鎧に身を包んで街を練り歩く皇帝陛下。偉くなったなぁ。

問題のお金持ちは、、確かこのあたりの民家に居たような。

取られちゃいました

あ〜、やっぱりか〜。ざまぁε-(´∀`; ) おっと(*´艸`*)

聞き込み調査

なにか犯人の情報はないか周囲の民家にも聞き込みに向かいます。

やんちゃな子供ですね。屋根の上でダッシュしたら危ないですよ?

屋根の上に

と、何気なく暖炉を覗き込んでみたら、煙突伝いに屋根の上に登れてしまいました。ほほぅ。

ダッシュ禁止フラグ

(*”ー”)・・・。 

ダッシュ!ψ(`∇´)ψ

ぴょーん!ぴょーん!ψ(`∇´)ψ 

怪盗(?)は夜な夜な屋根伝いに侵入してくるという。ここは怪しいね!

情報収集と言えば!

さて、情報収集と言えば酒場です。なにか新しいクエストは無いかな〜?

と、来ては見たけど特にこれと言った情報はなし。 

お墓

フラフラと街の東まで来てみると共同墓地が。 

墓守・・・。

(*”ー”)・・・こわっ!

怪しい穴があるけど今は特に何かできるわけでもない様子。うーん。とりあえず集まった情報を整理してみると、夜に屋根を伝って侵入してくるということくらい。 

夜までおやすみ

という事で自室に戻って夜までダラダラ過ごしてみます。

夜のお城の中

夜のお城の中は夜の学校みたいでなんだかドキドキしますね。

夜の街を探検

そのまま街まで繰り出してみます。

夜のお墓

夜のお墓も覗いてみたけど誰もいない。。

よろず屋の暖炉へ

と言うわけで目をつけていた万屋の暖炉から屋根に登ってみます。ダッシュでぴょーんぴょーんと屋根を飛び越えて城?屋敷?に入ってみると怪しい人影が!

f:id:shion-laperm:20161202195323j:plain

見つけたゾ!御用だ!ψ(`∇´)ψ 

逃げられた!

不意をついて追い詰めたと言うのにヒラリと身を翻して逃げていく泥棒。 ぬぬぬ、やるな!まったく。。。

この宝箱を盗もうとしてたのかな。。油断も隙もない。。。ごそごそ。。。

ごそごそ。。。

あっ。。ヽ(´o`;

ち、、違うんです!盗まれていないか中の確認を、、ヽ(´o`;

ええと、、どうしよう。。

寝るか!

よし、なかったことにして寝よう。

寝付けなかった

しまった!枕が変わると寝付けない!(’□’ 

 仕方がないので犯人(?)を追いかけて捕まえようと外に出ると、モンスターに見つかって取り囲まれてしまっています。え?アバロンの街こんなに危険なの!?(’□’

捕まったシーフ

帝国の警備の人達にも捕まらなかったのに、、このモンスターを雇いましょうか。

しかし泥棒とは言えレディーのピンチに颯爽と現れて助けるのはヒーローの努め!

やめないか!君たち!(*`へ´*)r

助けた泥棒

大丈夫ですか?お嬢さん(*”ー”)ゞ

またまたヒラリとかわされてしまったけれど、用があるときは酒場のマスターに「子猫」のことを聞くといいと教えてもらいました。秘密の合言葉でしょうか。

逃げられた

(*”ー”)・・・。

逃げられてしまいましたね。

「盗みの現場を抑えたのだけど逃げられてしまいました。目撃者はモンスターだったので倒しました。」

よし、財宝の持ち主に何か聞かれたらそう答えましょう。

おやすみ

おやすみ!(*´﹃`*)

 

次の朝

国庫

(*”ー”)・・・。

不透明な資金運用はしないようにね?

引き続き聞き込み調査

さて、その後も引き続き聞き込み調査を続けてみるも、どうやらもう泥棒の噂はなくなってしまっている様子。あれに懲りて大人しくなったのかな?

酒場へ

そうそう、昨夜助けた泥棒が言っていた「酒場のマスターに子猫のことを聞け」という情報の意味を確かめるため酒場に向かってみます。

酒場のマスター

(*”▽”)ノやぁマスター!子猫は元気かい?

合言葉言ってみると今度は墓守に聞けとの司令が。

やっぱりあの墓場は怪しかったですね。

秘密基地

墓守に話しかけると傍にあった穴から地下の秘密基地に行けるように。

ここはシーフギルド。こんなところに地下組織が!(’□’

うふふ

えへへ(*´﹃`*)

先日助けた女泥棒さんも居ますね。

何の用かと聞かれれば!

えっ!?(’□’

よ、、、用事、、ですか?

えーと、、それは、、、

子猫ちゃんに、、さそわれて、、、ごにょごにょ。。

潜入調査依頼

!!(’□’

そうそう、そうなのです。

ごほん。皇帝として君たちの腕を見込んで、運河に建設されたという要塞を調べてきてほしいと思ってきたのですよ。

条件があります

流石に独自の正義で動く地下組織。王族のことはあまり信用してもらえていないようです。ただし、交換条件として地下墓地の入り口に住み着いたタコのようなモンスターを討伐してくれれば考えても良いとのこと。

クエストっぽくなってきましたね!

よーし、任せろ!(*`へ´*)9

水路を塞ぐNPC

(*”ー”)・・・。

水路を塞ぐNPC

(*”ー”)・・・。

水路を塞ぐNPC

(*”ー”)・・・。

水路を塞ぐNPC

(*`へ´*)b よしっ!

地下水路

早速地下水路に降りてみた皇帝陛下と護衛の皆さん。

おや?早速タコっぽいのが陣取ってますね。あれかな?

お魚系モンスター

水路ということでお魚系モンスターのお出迎えです。

たしかこのゲームは敵にも属性が色々と設定してあって、相手に合わせて攻撃方法を考えていかないといけなかったはずだけど。。 なかなか思い出せませんね。

アチコチに通路が

地下水路はアチコチとつながってるようで、近くにあった階段を登ってみると?

地下牢

お城の地下牢につかがっていました。

(*”ー”)・・・。

塞がないでおいてあげよう。

通り道がわからない

しかし、肝心のタコのもとへ行く方法がわかりません。はて、、どうなっているのか。と暫く敵の動きを見ていると、、、丁度立ってる場所の下がトンネルになっててくぐり抜けれられるみたいです。わかりにくいな!(’□’

ざばざばざば

ざっばざっばざっばざっば、、、 

ディープワン戦

漸くたどり着いたよ!ヽ(´o`; 

ということでボス(?)戦。まぁ、特にまともな攻撃手段も無いので手持ちの技をガンガン使って討伐です。今後のために色々技開発しないとですね。

地下墓地

そのまま奥に進んでみると怪しげな地下墓地がありました。。。が今のところ何もない様子。今後何かあるかもだから場所だけ覚えておきましょうかね。

任務完了!

(*`へ´*)ただいま!(どやぁ) 

討伐依頼を成し遂げて戻ってきた皇帝陛下と護衛の皆さん。では交換条件ということで要塞を調べてきてもらいましょうか。と思ったら協力したいがそんな危ない仕事引き受ける人が居ないと。。うーん。確かに無茶な依頼ですね。

キャッツ

そこへ名乗りを上げたのが先日の泥棒「キャット」さん。皇帝さんには狩りがあるから、と、心配する仲間たちの静止を振り切り要塞への潜入任務を引き受けてくれました。

そして「要塞で待ってるから」と言い残し一人さっさと出発してしまいました。

(*”ー”)・・・。

これってつまり要塞攻略しろってこと?鉱山見に行きたかったのにヽ(´o`;

周辺地図・ソーモン

仕方がありません。危険な任務を任せっぱなしに出来ませんし急いで後を追いましょう。いそいで、、。

あれ?そういえばソーモンはどうなったのかな?

ソーモン

ということでちょっと寄り道。なんだか平和を取り戻したようですね。良かったよかった。話を聞いてみるとクシンジーが突然モンスターを引き連れて街を占拠していたようです。 

ソーモンの港

街の奥には港もありました。

どうやらここでも運河に作られた要塞が問題になっているようです。早く解決しないとですね。。海賊も?

発明家

街には発明家も。便利なもの発明してくれるかもなので覚えておきましょう。

運河要塞

というわけで、やってきました運河要塞。いきなりモンスターが見張りに立っていますね。普通の海賊たちではなさそうな気配がします。

酒場で待ち合わせ

待ち合わせ場所の酒場にやってきた皇帝陛下と護衛の皆さん。町の人の話を聞くとやっぱり要塞に困っている様子。なんとかしてあげなければ。

キャットと待ち合わせ

さてさて、、、肝心のキャットは、、と。居た!

おまたせ!(*”▽”)ノ 

隣の小屋へ

酒場でおねえさんに誘われて隣の人気のない小屋にノコノコと向かう皇帝陛下。ドキドキ。

お手柄キャッツ

どうやらもう要塞への潜入任務は終わっていて、抜け道を見つけた上に内部に目印まで付けてきてくれたのだとか。すごい!キャッツ出来る子!(’□’

運河要塞へ!

行くゾ!のりこめ〜!(*`へ´*)9 

今更だけど力ずくで解決しようってことですね!

要塞内部に目印が

要塞の中に忍び込むと、通路には短剣が置かれていてどこへ行けばいいか教えてくれているようです。中には部屋へ向かった短剣も。中を覗いてみると。。 

お宝部屋

お宝いっぱい!(*”▽”)

しかも進行ルートには敵の姿もありません。キャッツ、、、どこまで仕事できる子なの!、、、でも、こんなスルーしてて良いのかな。修行しないとあとで困るゲームなのに。

目印に従って奥へ

目印の短剣を辿って奥へ。たしか3階にボスが居るって言っていましたね。「ボス」って呼んで良いのかな?

ずらりと並んだ扉

こんなにずらりと並んだ扉。。

この量をまともに調べていったらどれだけ時間かかっていたことでしょう。

ボス部屋

バーン!動くな!御用だ!(*`へ´*)9

ボスのセリフ!

な、なにおぅ!(*`へ´*)

f:id:shion-laperm:20161202213205j:plain

な!なんだってー!(’□’ 

こんなザコ敵っぽいセリフが言える時代の作品か!

帝国にとって邪魔と言うだけで力ずくで倒して良いものかと迷っていたけれど、七英雄の部下な上にこんなセリフを言っちゃうようなら遠慮はいらないね!

運河要塞ボス戦

いくぞー!(*`へ´*)9 

運河要塞ボス戦

雑魚っぽいセリフとは裏腹に、なかなか頑丈な取り巻きと、結構な攻撃力を持ってるボス。いきなり防御力に定評のあるベアの人が倒された上に、倒れたところに追撃してきてライフポイントを削っていきます。

運河要塞ボス戦

多彩な技で範囲攻撃してきてHPを削っていくヴァイカー。ぐぬぬ、もっと技閃かせておかないとボス戦が厳しいですね。

運河要塞ボス戦

テッテレー!

薬をガンガン使って立て直し、何とか撃破!(*”▽”)

ふ〜、危ないなぁ。でも勝ちは勝ち!これで運河も元通り運行できるようになるかな?

アバロンに戻って。。

舞台は戻って謁見の間へ。地下組織のシーフと言っても今回の活躍は帝国にとっても大きかったこともあって、公の場でその功績を讃えます。

よいはたらきであったほうびをとらせよう!(*”▽”)扇

謁見の間

謁見の間

はっはっは!(*”▽”)

なにこれ時代劇!?(’□’ 

南バレンヌ制圧

ともあれ、運河を取り戻し(手に入れ?)南バレンヌ地方への足がかりもできました。これからもっと南へと勢力を伸ばしていくぞ〜!(*`へ´*)9

 

時代ジャンプ!

!?(’□’

なんだか開発も修行もしないでカワイイ怪盗さんとキャッキャウフフして過ごした皇帝ジェラール。いつの間にやら時代は流れ、長い帝国の歴史の1ページとなったのでした。

さてさて、この先の皇帝たちに繋げられたのでしょうか。

というところで、本日の詩はここまで!



ロマンシング サガ2
ロマンシング サガ2

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です