ロマサガ2・皇帝生活5日目

先帝に無念が残りました

すみませんでしたヽ(´o`;

こんにちは、お世話係の人です。

なんとも無念の残る退位をしてしまった先帝クロウ。戦闘で全滅してしまうと文字通り全滅!皇帝陛下も護衛の人達もそのまま戦死してしまうシビアなシステムなのです。

しかし!先帝の無念はこの新皇帝オニキスさんが晴らしてみせます!(*`へ´*)9

たぶん。

というわけで、本日の遠征スタートです!(*”ー”)ゞ

どこでも伝承術

ぺかー。。。!

前回効率よくスキルをあげちゃおう作戦で挑んでみたら苦手武器すぎてコテンパンにやられて全滅してしまいました。志半ばで倒れてしまったクロウ皇帝のあとを継ぐのは宮廷魔術師のオニキスさん。

モンスターの巣で倒れたはずなのにしっかり伝承術で想いを託した先帝。これが伝承術のすごいところなのです!

大剣が得意なフリーファイター

ということで、前回の反省を活かし、護衛の人達の得意分野をしっかり把握してから武器やスキルを選択してみたいと思います。

新皇帝PT

今回護衛を務めるのはこの4人。構成自体は前回と同じ、フリーファイター・帝国軽装歩兵・帝国猟兵・シティシーフ。これに宮廷魔術師のオニキス皇帝です。

大剣が得意なフリーファイターと弓が得意な猟兵はわかりやすいのですが、軽装歩兵とシーフがわかりにくいですね。軽装歩兵は万能そうだけど一応一番スキルの高い剣(片手剣)をメインに。シーフは、、、全部苦手って位スキルが低いようですヽ(´o`;キャットさんみたいに特殊任務になら活躍できるのかな。。一応突が使えるみたいなので小剣でチクチクとやってもらいましょう。

武器研究所

一応武器防具研究所を覗いてみたのですが、どうやら財政難らしく、開発アイデアはあるのに開発費が払えないという悲しい状況になっていましたε-(´∀`; ) しっかりお金稼ぎしないといけませんね。

術の研究所はまだ完成していない様子。すぐ負けちゃったからかな。。。

確か時間進行は戦闘回数で決まった気がします。もっとしっかり戦ってお金も時間も稼がないと(?)

南へ遠征

一通り準備を済ませ、一路南へと遠征再開です!(*`へ´*)9

・・・しかし、、共同作戦の途中で皇帝変わっちゃったんだけどどうなるんでしょうね。不安なので龍の穴にいって様子を伺ってみましょう。

格闘家カール

どうもっ(*”▽”)ノ

うーん?それは自分たちでやっちゃいますから〜、ってこと?先帝との共同作戦はどうなったんでしょう。キャンセル?

ニーベルの酒場

依頼主(?)であるニーベルの住人に話を聞きに行ってみると、モンスターの討伐は帝国に依頼した形になっている様子。うーん、龍の穴の格闘家とのフラグが生きてるかどうかわかりにくいですね。

モンスターの巣へ

結局どうなってるのかわからないままモンスターの巣へ乗り込むことに。

モンスターの巣

さあ、今回の戦闘力はどんな感じでしょうか!

流石に得意武器で戦うわけなので前回に比べると随分と楽です。でも命中率が微妙なのはそういうゲームなのか技が悪いのか。

モンスターの巣。大物

時々出てくる大型モンスター。HPが多いし複数回行動するので厄介な相手です。一気に押せるような技もないのでまだまだ苦戦してしまいますね。

術が足りない

よく見ると回復系の術がなかったこのPT。ガーン。術の研究所が完成しないとこのあたりはさわれないのかな。暫く傷薬でなんとかするしかありません。

見切った!

ピコーン!見切ったよ!(*”▽”)v

少しだけど見切りや新技も閃き!いい調子!

モンスターの巣での修行

暫く修行がてら手当たり次第にモンスターに襲いかかってみましたが、戦闘が長引くので技ポイントの消費が激しいですね。薬もいいけど定期的に城にもどって開発状況や財政状況も見てみましょうか。

アバロンの町に新しい道が

というわけでアバロンに戻ってきたオニキス皇帝と護衛に皆さん。ふと街を見るとこれまでなかった道が西に続いています。これは!

術の研究所

術の研究所完成です!(*”▽”)

これで術の習得などができそうな予感。

術の研究所

研究所の中にはそれぞれの属性の部屋と、部屋の中に大勢の研究員が。結構大掛かりな施設ですね。研究員の一人に話しかけてみると術の習得が出来るようです。水の術の回復魔法を覚えておこうかな!

、、と思ったら、どうやら覚えられる術の属性には法則があるようで、反発する属性は片方しか覚えられない様子。オニキス皇帝は炎の術を覚えているので水の術を覚えたら炎の術を使えなくなってしまうみたい。うーん。

あれこれ見て回っていると天の術(光系?)の中に「月光」という回復魔法が有ったので、オニキス皇帝にはこちらを覚えてもらいました。ついでに手の空きそうなシーフと猟兵には「命の水」という水の回復術を覚えてもらいました。

この研究所では「合成術」何ていうのも開発できるようですが、まだまだスキルのレベルが低いみたいです。修行しなければ!

植樹公園

別の新しい道を辿って行くと「植樹」を行った場所がありました。

アバロンの木、、の苗

「アバロンの木」というらしいです。これがお金になるのだとか。

まだ小さいですが大きくなってお金稼いでおくれ〜(*`へ´*)9

アバロンの財政

肝心の国庫の方はというと、、、思ったより増えてないですねε-(´∀`; )

武器や防具の開発には最低40万必要だったので全然足りません。

再びモンスターの巣へ

という事でまたモンスターの巣へと舞い戻り、せっせとお金稼ぎをしつつ奥に進んでみます。

モンスターの巣のブヨブヨたち

地下二階の奥へとたどりついてみると、話に聞いていたとおり、、、どころか!すごい数のブヨブヨ達がいるじゃないですか!(’□’ こんなに多いとは、、。

しかし、奥へと繋がる入り口の手前に陣取っているブヨブヨは動かない様子。ということはあれが格闘家の苦戦しているボスブヨブヨですかね。

ともかくは数が多すぎなので少しずつ減らしていったのですが。。。

ゼラチナスマター

ゼラチナスマター参上!(’□’

あれれ?これボスじゃないの?

スクリーンショットでは伝わりませんが、Vita版ではボス系のモンスターがムニョムニョアニメーションするのです。でも普通に近寄ってきた手前のブヨブヨだったのになぁ。

(*”ー”)・・・。

もしかして無駄な戦闘しててザコ敵がココのボスクラスまで進化しちゃいました?

ゼラチナスマター戦

予定外のゼラチナスマター戦。しかも格闘家のカールからアドバイスを貰って電撃対策をしたつもりだったのに、「フリーファイト−1」では中央の3人がまとめて電撃を受けてしまうようです。ノーマルの「フリーファイト」じゃないとダメだったかぁヽ(´o`;

なんとか撃退はしたものの、結構なLPを失ってしまいました。

前回いい加減な戦闘してたツケが回ってきてしまったようですヽ(´o`;

ほんとのボス戦

なんとか取り巻き達を処理し、奥への通路の前から動かないブヨブヨに突撃すると再度「ゼラチナスマター」登場!こっちは本物のボスかな?

今度はしっかりフリーファイトの陣形で応戦です。この陣形なら強力な電撃も1人づつしか受けません(*`へ´*)v

受けたら即死

でも受けたら即死ヽ(´o`;

こっちのHPに大して敵の攻撃が強力すぎますね。速度補正のかかる陣形かしっかりした防具を手に入れないとです。

f:id:shion-laperm:20161204202612j:plain

テッテレー!(*”▽”)

練習試合の成果も有ってか(?)何とか撃破したオニキス皇帝と護衛の皆さん。ファンファーレが鳴り止みません。これは、、先帝とカールの共同戦線の約束がまだ生きてるってことではないでしょうか。

1階へ戻ってみても敵のリポップも無いようです。

龍の穴へ

早速龍の穴に戻ってカールに報告すると、やる気満々で出撃していきました。

モンスターの巣の奥へ

急ぎ後を追って先程ゼラチナスマターが道を塞いでいた奥へと向かってみると、龍の穴の格闘家たちがボスらしきモンスターを追い詰めているところでした。

vsボス

ふはははは!ゆけ!格闘家たちよ!(*”▽”)

労せずしてボスを倒してもらったオニキスさん。適度に労さないとあとで余計に苦労するのを学習したばっかりだったような気もしなくもないですが。。

格闘家も仲間に!

何はともあれ、自分たちの手でモンスターのボスを撃退できたという事で、龍の穴の格闘家達のメンツも保たれ、今後は共同戦線をはった帝国にも協力してくれることになりました。ニーベルの町もモンスターの脅威が取り除かれ、いい事ずくめですね!(*”▽”)

ニーベルの人達

ニーベルの町の人達も帝国と龍の穴の両方を褒めてくれるように(*´艸`*)

ニーベルの酒場で

酒場にも立ち寄ってみると、更に南にある町の情報を教えてもらえました。あ、そう言えば鉱山探しに来たんでしたね。

ルドン高原への道開放

このニーベルの町はまだ南バレンヌ地方だったようです。宝石鉱山のあるルドン地方はもっと南だった様子。書記官の人は結構遠くの情報仕入れてきてたんですね。

何はともあれ、周辺の町の安全を確保し、先帝の無念(?)も晴らすことに成功したオニキス皇帝。帝国の財政を安定させるために宝石鉱山を目指します。

というところで、本日の詩はココまで!

おまけ デレたカール

デレたカール

あれあれ〜?急に腰が低くなっちゃいましたね?(*´艸`*)



ロマンシング サガ2
ロマンシング サガ2

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です