ロマサガ2・皇帝生活6日目

少し成長したアバロンの木

アバロンの木が少し成長したよ!(*”▽”)

しかし、木が成長するとお金が儲かるなんて、、

まさかこれが金のなる木!?(’□’

こんにちは、お付の人です。

前回、先帝の意思を継ぎ龍の穴の格闘家たちとの共同作戦で、ニーベルの町を苦しめていたモンスター達を退治したオニキス皇帝。希少な宝石を産出するという噂の鉱山があるルドン地方への道がひらけました。この鉱山を抑えれば財政難に苦しむ帝国のお財布も少しは潤うんじゃないでしょうか。

という事で、宝石を求めて本日の遠征スタートです!(*”ー”)ゞ

財政難

苦労をかけるねぇ。。ごほごほ。。ヽ(´o`;

なんとなくわかってきたロマサガ財政システム。戦闘を重ねるごとに収入に合わせた資金が国庫に収まっているようです。つまり、、戦闘をこなすために強力な武器防具が必要になるのだけど、武器防具の開発資金を手に入れるために戦闘をこなさないといけないわけで? つまり?うん?

(*”ー”)・・・。

よし、発想の転換をしてみよう。戦闘をこなせば資金が手に入るのでその資金で武器防具を開発すればより戦闘をこなせるようになる。と。

こっちで行こう(*”▽”)

何はともあれ収入を増やすためには宝石鉱山を手中に収めるのが手っ取り早そうですね!ふふふ、お宝はどこだ〜。

ミラマーへ寄り道

さて、鉱山があるという南のルドン地方へ向かったオニキス皇帝と護衛の皆さん。ふと途中にあるミラマーという町が気になりました。ここは要塞の有った所。ちょっと寄り道してみましょうかね。

ミラマーの町

以前モンスターが見張りに立っていた要塞は取り壊されたようですね。壊さなくても活用すればいいのに。

わがや

なんとものんびりした住宅が建っています。表札に「わがや」ってかいても自分にしか伝わらないんじゃないのかな。。住人に話を聞いてみると。。

ミラマーの住人

え?な、、なんかもう少し前向きなセリフ欲しかったな。。ヽ(´o`; 

ミラマーの渡し船

運河の向こう側に渡るには渡し船を利用するようです。

ミラマーの酒場

運河の向こう側にも数件の家が立ち並び、酒場もありました。人口は少ないけど、要塞が有った頃に比べれば平和になった感じなのかな。 

このまま東に進めばまた別の町があるようですが、。名前言われてもピンときませんね。下手に移動してイベントでも発生したら困るのでこのあたりで引き上げて、本来の目的地であるルドン地方を目指しましょう。

ルドン地方ティファール

南バレンヌを抜けてルドン地方に入ると、ニーベルの町で教えてもらった「ティファール」という町が見えてきました。イントネーションはあれでしょうか。

ティファールの酒場

町で話を聞いてみると、宝石鉱山は近くにある様子。でも中はモンスターだらけなんだとか。そのせいでしょうか、鉱山近くの街だと言うのに人気も少なく寂れた雰囲気です。

町の酒場も開店休業中。お店にも商品はないという状態です。

これは良くないですね。以前は活気があったようですが、、、モンスターが居なくなればまた人が戻ってくるかもしれません。

ティファールの町

(*”ー”)・・・。

つまり、、モンスターに対抗できれば今なら宝石ひとりじめ、、、、はっ!(’□’

こ、、困っている町の人達のために!ココはひとつ鉱山の様子でも見に行ってみようかなっ!

宝石鉱山

というわけでやってきました「宝石鉱山」。ふひひ、いい響きですね(*´﹃`*)

中は話通りモンスターだらけ。ガシガシ倒して経験とお金を稼がせて貰いましょうかね!かかってこーい!(*`へ´*)9

宝石発見

小部屋のモンスターを撃退すると中には赤い宝石が!

お宝発見だー!(’□’

でも気をつけなければいけません、ティファールの町で話を聞いた所、こっそり鉱山の様子を見に行った青年の話だと、宝石を見つけたと迂闊に近づいたら罠が仕掛けてあったんだとか。ドキドキ。。

お宝ゲット

テッテレー!お宝ゲットだ!(*`へ´*)9

あれ?モンスターが罠だったのかな?

さて、このモンスター達が厄介なわけです。小型のモンスターならまだなんとかなるのですが、時々出てくる大物モンスター(ランダム?)の処理に困っています。

ノスフェラン

特にこいつ!「ノスフェラン」(’□’

二回行動する上に攻撃力が高く、大抵1発で倒されてしまいます。しかもそれが吸収技だったり。こっちの最大HPより吸収とか無茶すぎですよ!

ノスフェラン戦

更に厄介なのが「魅了技」と「気絶技」

魅了されたキャラは味方に攻撃したり、敵をサポートしたり。味方への攻撃は大したことがないのですが、敵に回復魔法とか掛けられると大変なことに。気絶させられてこっちの攻撃回数減ってるところに吸収技や魅了された味方の回復魔法でギュンギュン回復していくノスフェランヽ(´o`;こっちの与えられるダメージの数倍回復していってしまいます。これは、、無理すぎる。。

撤退も戦闘回数にカウントされてしまうので、逃げると敵だけ強くなっていってしまうこのゲーム。とは言え勝てない相手に挑んでいてもLP減るか全滅するだけなので、それに比べればマシかなぁ。。

悔しいですがまだまだ勝てそうもないので逃げるしかなさそうです。

罠だ!(’□’

更に、別の部屋で新たに見つけた宝石を取ろうと近づいたら、、!

罠だ!(’□’

こういうことかぁ〜ぁ・・・ヽ(´o`;

罠部屋

ひゅ〜・・・。

落とし穴の先にはそのノスフェランも出てくることのあるゾンビ達の群れが(’□’

ノスフェランが出てしまうと撤退するしか無いのでどんどん敵が強くなっていってしまう〜。どうしよう。

逃げ帰ってきたアバロン

文字通り逃げ帰ってきましたアバロンヽ(´o`;

明るい日差しが嬉しい。

新しい術を習得

なんとか魅了や気絶に対処できないかと、状態異常回復魔法っぽい「元気の水」を習得。これで回復できないかなぁ?まぁ毒や暗闇とか色んな状態異常もあるし、こういうのはしっかり覚えておかないと。

防具開発

少しお金も入っていたので開発部の人に頼んで重鎧の開発をお願いしました。どれを開発すべきか迷いますが、、重鎧は装備制限ありそうで後回しにすべきに見えますがどうなんでしょうね。なかなか好みのものが来てくれません。

武器も開発したいのに。

宝石鉱山へリベンジ

すっかり減ってしまったLPに涙しつつも、再び宝石鉱山に舞い戻って探索続行です!ここでお宝手に入れて財政潤わせて、もっといい装備を手に入れるのだ!(*`へ´*)9

どんどん奥へと進んでいくと、何やら編隊を組んだトカゲたちを発見!

これは、ボスたちの予感!(’□’ 

取り巻きの人達

大物には敵いませんが、このての小さいキャラならそこそこ安定して戦えるようになってきました。スキルレベルも上がってきたかなぁ?

宝石鉱山ボス戦

取り巻きの人達をなぎ倒すとボス戦へと突入!

ダンジョンボスは戦闘曲が変わるのでわかりやすくなっていますね。

テンションも上がる!(*`へ´*)9 

ピコーン!

ピコーン!ψ(`∇´)ψ 見切った〜! 

強めの敵相手の方が何かとひらめきやすいようですね。必殺技も見切ってしまえばボーナスタイムです!癖の無いこの手のモンスターなら、、!

宝石鉱山ボス撃破!

ドッカーン!(*`へ´*)9 

ふふ、オニキス様の鉱山を荒らすからそういう目に合うのだよ(*´艸`*)

さーて、残りの宝石回収しちゃおうかな〜?

と思ったら!

クエストクリア〜

解放クエスト(?)達成扱いになってイベントへと戻されてしまいましたヽ(´o`;

独り占めできるチャンスなのに〜。

ルドン地方制圧!

テッテレー!

でも苦労の甲斐あって3つ目のエリア「ルドン地方」を制圧することが出来ました。これで統一への道のりへとまた一歩近づいたわけです。

お城で一息

画面が暗転してまた年代ジャンプしちゃうかと思いまいたが、まだオニキス皇帝の代で進めることが出来るようです。やり残したことまだまだありますからね!

ティファールの町

折角なのでモンスターの脅威の無くなった鉱山近くの街、ティファールの様子を見に来てみました。随分賑やかになったんじゃないですか!?中には帝国のお役人ぽい人の姿も。

大丈夫?こういうところのお役人は悪役だって相場が決まってるんですよ?

高原の情報

鉱山からモンスターが居なくなったおかげで息子や孫達が戻ってきて働けるようになったみたいです。子供たちの暮らせる町を取り戻せましたね。中にはガラの悪そうな人まで増えたと嘆く住人も居ましたが、寂れてるよりは良いのかな?

平和になった宝石鉱山

宝石鉱山の方へも足を伸ばしてみると、大勢の鉱夫たちが働きに来ていました。しっかりと宝石掘り出して国を豊かにしてくださいね!

しかし、、モンスターが居なくなってもまだ気がかりなことがあるようです。なんでも下の階ではほとんど作業ができていないのだとか。下へ行くと頭がクラクラしてしまうそうです。むむむ。まだ何か良からぬものがありそうです。

お宝回収!

一応下の階を調べに行ってみたけど特に異常は見当たらないようでした。でも、先程ボスが居た場所の奥でお宝発見!くらくらして作業できなかったおかげですかね(*´艸`*)

ありがたく回収させていただきますよ!

 

さて、宝石鉱山も手に入れ財政も少し潤いました。

次はどこへ行こうかな〜。

といったところで、本日の詩はココまで!



ロマンシング サガ2
ロマンシング サガ2

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です